足底腱膜炎 歩き方とは

特にこれといった歩き方はありません。

痛い時に痛みをかばうようにして歩くのは、当然と言えば当然の歩き方です。

バランスは悪くなりますが、できるだけ痛みを感じないような歩き方で構いません。

足底腱膜炎 足つぼの効果

足底腱膜炎 足裏マッサージの効果

どの程度の圧でほぐすかによりますが、有効な方法の一つと言えます。

どちらも足裏をほぐすことに変わりないので、どちらでも結構です。

足底腱膜炎 アイシングの効果

腫れるなど炎症が強く起きている時は有効です。

腫れたり炎症が起きていないような時や、硬さがひどくて痛いような時は、やらなくても結構です。

足底腱膜炎 足の甲が痛いのは

足底筋膜炎ではなく、ショパール関節炎やリスフラン関節炎など、別の疾患の可能性が高いです。

足底腱膜炎 安静にするのは

歩くことで負担がかかる疾患のため、悪化を防ぐためには非常に有効です。

足底腱膜炎 安全靴はどうなのか

非常に頑丈に作られているため、柔軟性がないので、足底にはかなりの負担になるため、オススメしません。

足底腱膜炎 歩きすぎでなるのか

歩きすぎは原因の一つです。

長距離歩行には注意が必要です。

足底腱膜炎 朝痛いのは

就寝中はほとんど動かないため、全身の血行は最低限であり、筋肉も硬くなります。

寝起きは全身の筋肉が一番硬くなっている状態なので、どうしても痛みを感じてしまいます。

これはある意味仕方のないことなので、改善するまでは耐えるしかないのが現状です。

足底腱膜炎 整骨院に行くのは

患部をマッサージで直接ほぐしてくれるので、オススメです。

足底腱膜炎 整形外科に行くのは

行くのは問題ありません。

ただ、この疾患は筋膜、腱膜という軟部組織の疾患であり、レントゲン写真には写りません。

整骨院同様に、所見と問診、触診で診断します。

電気治療などの物理療法、湿布やサポーターなどで経過観察します。

足底腱膜炎 専門医とは

この疾患についての専門医はいません。

あえて言うならスポーツ疾患の治療で有名な整形外科などが該当するでしょう。

足底腱膜炎 整体に行くのは

問題ありませんが、どちらかというとオススメしません。

整体師は民間資格であり、国家資格ではないため、解剖学や治療のための知識が不十分な施術者が多いです。

中には技術がある施術者もいますが、行ってみての経過観察で判断することになります。

足底腱膜炎 整骨院 保険は使えるか

基本的には使えます。

ただし、最近では保険治療をやめて、自費治療のみを行っている整骨院も増えてきています。

問い合わせてから行くとよいでしょう。