仙腸関節 足のしびれがあるのは

足のどのあたりがしびれるかによります。

部分によってはヘルニアなどの可能性もありますが、仙腸関節のズレを整えることで、結果的にしびれがとれるケースも多くあります。

仙腸関節 akaの効果とは

非常に有効な治療法の一つです。

AKAとはArthrokinematic Approachの略語で、関節運動学的アプローチという手技療法のことを言います。

当院では、独自に開発したAKA療法を骨盤矯正治療として行っております。

世間でよく言われるボキボキ鳴らす矯正法がありますが、施術後逆に痛くなる人が多いのが現状です。

当院で行っているAKA骨盤矯正法は、非常にゆっくりとした優しい圧で骨盤にアプローチすることで、ズレている仙腸関節を正常な位置に整えることができます。

この治療法を行ったことで、ほんの数回で痛みを取り、症状改善した患者さんは沢山いらっしゃいます。

仙腸関節 温めるのは

状態により判断が分かれます。

ズレの度合いが強かったり、痛みが強い状態では控えた方がよいでしょう。

ズレ度合いがあまりひどくなく、痛みもそこまでひどくないようであれば、温めたほうがよい場合もあります。

仙腸関節 あぐらをかくのは

これも状態により判断が分かれますが、仙腸関節はあぐらをかくことで非常にズレやすくなります。

できるだけ控えた方がよい場合が多いです。

仙腸関節 アプローチとは

うつぶせまたは横向きで施術を行います。

ボキボキする矯正は基本横向きです。

AKAのような超弱圧の手技療法は、症状や状態により、うつぶせと横向きを使い分けます。

AK(アプライドキネシオロジー)という手技療法では、これらに加えて整体用の器具を用いて仰向けで矯正する方法もあります。

仙腸関節 安定 筋トレの種類

このような種類の運動を、できる範囲で行うとよいでしょう。

仙腸関節 歩けないのは

仙腸関節のズレや歪みがかなりひどくなっている可能性が高いです。

できるだけ早く矯正してもらうことをオススメします。

仙腸関節 安静にするのは

軽度のズレであれば、安静にすることで改善されるケースもあります。

ズレや歪みがひどいケースでは、安静にするだけでは症状が取れない可能性もあります。

仙腸関節 仰向けになるのは

問題ありませんが、ズレや歪みがひどい時などは、仰向けがつらいという人は多いです。

ズレや歪みの程度は、仰向けが一番判断しやすい体勢となります。