ストレートネックとは

通常は多少の湾曲がある頸椎ですが、何らかの理由で湾曲がなくなり、まっすぐになっている頸椎の状態を言います。

まっすぐな状態なので、首のコリがひどい、頭痛になりやすいなどの症状が出やすいとされています。

ストレートネック 枕とは

様々な種類の枕がありますが、これがおすすめというのはありません。

高さも形も、その人に合うような枕はそれぞれ違うので、試してみて寝やすいと思うものがよいでしょう。

ストレートネック 治し方とは

ストレートネック 治療とは

主に整骨院適応になります。

ストレートネックからくるコリや痛みがあれば、電気治療などの物理療法、マッサージや頸椎矯正、鍼灸治療などがあります。

ストレートネック ストレッチとは

一例ですが、このような種類があります。

ストレートネック 枕なしで寝るのは

問題ありません。

枕なしで寝ることで悪化するようなことは、確率としては非常に低いと考えられます。

ストレートネック 症状とは

首肩周辺のコリ、頭痛や片頭痛などがあります。

人によってかなり個人差があります。

ストレートネック 診断とは

整形外科などでのレントゲン検査で診断可能です。

整骨院でも触診により、ある程度の判断が可能です。

ストレートネック 自律神経との関係

関係する場合と関係ない場合があります。

ストレートネックが原因でコリがひどくなり、結果寝れないとか、自律神経失調症などに関係する場合もあります。

これも人によってかなり個人差があります。

ストレートネック 痛みはどのくらい

人によって症状が違うため、何とも言えません。

軽度の痛み、そこそこの痛み、強い痛みなど様々です。

ストレートネック 息苦しいのは

頸椎と胸椎は背骨として繋がっているため、ストレートネックからの影響により、胸椎が硬くなっている可能性があります。

整形外科や整骨院で診てもらうとよいでしょう。

ストレートネック いびきが出るのは

ストレートネックが影響している可能性はあるかもしれませんが、別の原因からくる可能性もあります。

整形外科などで診てもらうとよいでしょう。

ストレートネック 椅子に座るのは

座ること自体は問題ありません。

長時間座っていることで首への負担が増えて、痛みやコリがひどくなる可能性はあります。

ストレートネック 遺伝することは

骨格は遺伝的要素が深く関係していることが多いです。

ストレートネックの遺伝も、可能性としてはゼロではないと考えられます。

これは私個人の見解です。

ストレートネック 痛み止めの効果

ストレートネックが影響することでコリがひどくなり、結果痛みが出ることもあります。

ペインケアを考えると、有効な方法の一つであると言えます。

ストレートネック 痛み 場所とは

首周辺が凝り固まって痛みを感じることが多いです。