ストレッチ アプリとは

ストレッチ1.2.3

ストレッチの方法や効果を図解で説明してくれるので、適した動きを取り入れやすい

秒数を変更できるため、体力に合わせた時間で取り組める

効果別、部位別など選びやすい分類なので、自分に合う動きを選んでトレーニングに活かせる

5分間の簡単ピラティス

シンプルで効果のあるピラティスのポーズを集めているため、初心者におすすめ

それぞれのポーズを画像と説明文で解説しているので、分かりやすい

エクササイズの時間はそれぞれ5分以内のため、無理なく続けやすい

そのままストレッチ

座ったままでもできるストレッチが多いので、避難所などで動けないお年寄りにおすすめ

画像と説明が書かれているため、初めてでも分かりやすい

部位ごとに運動が分かれているので、適したストレッチを選びやすい

ごく一例ですが、このような種類があります。

検索すれば他にも沢山出てきますので、自分が使いやすいと感じるものがよいでしょう。

ストレッチ 足の伸ばし方とは

一例ですが、このような種類があります。

ストレッチ 朝やるのは

朝は全身の筋肉が一番凝り固まっている状態なので、この時間帯にストレッチを行うことで、筋肉がある程度ほぐれて、一日を快適に過ごすことができます。

非常に有効な時間帯と言えます。

ストレッチ 朝 夜どっちがいい

朝と夜どちらも行うのが理想と言えます。

人それぞれ活動時間が違うので、朝か夜どちらかしかできないという人も沢山いるでしょう。

時間がなくてどちらもできない人が大半なので、どちらかでもできると筋肉の柔軟性をある程度保つことができます。

ストレッチ 足がつる時は

筋肉が凝り固まって痙攣している状態なので、ゆっくりと時間をかけてストレッチを行えば、解消させることができます。

ストレッチ 足痩せの効果とは

ストレッチ 脚やせの効果とは

ストレッチを行うことで足全体の筋肉が伸び、血液やリンパの流れも改善しやすくなります。

結果的に脚やせの効果があります。

ストレッチ あくびが止まらないのは

ストレッチすることで凝り固まった筋肉がほぐれます。

筋肉がほぐれると、副交感神経優位になり、リラックス効果が高まります。

眠たくなるため、あくびが出るようになります。

ストレッチ 痛いのは

筋肉が非常に凝り固まっている状態です。

無理に伸ばすと部分的な肉離れを起こしかねません。

痛みを感じない程度、または少し痛いくらいで調節して行うとよいでしょう。

ストレッチ いつやればいいのか

これについては、定義やこれが正しいという時間はありません。

正解がないといってよいでしょう。

好きな時間で結構です。

ストレッチ 痛めた時は

どの部分をどのように痛めているかにより、対応が全く違ってきます。

打撲や捻挫などのケガした時などはやらない方がいいし、痙攣した時やつった時はじっくりと伸ばした方が有効です。

本当にケースバイケースです。

ストレッチ 椅子でやるのは

問題ありません。

椅子でできるポーズも沢山あり、どこでもでもできるので有効です。

ストレッチ 一日何回やればいいのか

これについても特に定義や正解はないので、好きなようにやっても問題ありません。

あえて言えることとすれば、最低でも1日1回数分程度をできる限り毎日行うと、非常に高い効果があります。

ストレッチ 運動前やるのは

ケガ予防になるため、非常に有効です。

ストレッチ 運動後やるのは

運動後のコリを最低限に抑えることができる上、疲労も回復しやすいので、非常に有効です。

ストレッチ 運動不足でやるのは

問題ありません。

筋力が低下してコリ固まっている状態なので、ストレッチを行うことで、コリをほぐして柔軟性を高めることができます。

ストレッチ ウェアとは

これがおすすめというのはありません。

動きやすい、ストレッチのポーズを取りやすいウェアであれば、それで結構です。

ストレッチ 運動前後にやるのは

非常に有効です。

ケガの予防や疲労回復しやすいので、オススメです。

ストレッチ 簡単な方法とは

ストレッチ 簡単 寝る前にやる方法とは

ネット上のイメージ画像やyou tubeに参考動画が沢山アップされているので、それらを参考にして、簡単に行うとよいでしょう。

ストレッチ 肩こりには

有効です。

肩こり予防や解消のためのストレッチは沢山あるので、時間をかけてゆっくり行うとよいでしょう。

ストレッチ 下半身のやり方

ネット上のイメージ画像やyou tubeに参考動画が沢山アップされているので、それらを参考にして行うとよいでしょう。

ストレッチ 硬くなるのは

伸ばす角度が十分ではない、またはストレッチにかける時間が短すぎる可能性があります。

しっかりとしたポーズではなくても、ゆっくりと時間をかけて行えばあまり硬くなることはないでしょう。