ストレッチ 血行はどうなる

硬くなっている筋肉を伸ばすため、血行は改善します。

ストレッチ 健康効果とは

血行改善、柔軟性獲得と保持、ケガの予防、リンパの改善や促進による代謝改善、便秘改善、肩こりや頭痛予防、腰痛改善など、様々な健康効果が期待できます。

ストレッチ 怪我した時は

どの部分にどのような怪我をしたかにより、やり方や判断が大きく異なります。

怪我が軽度であれば、ある程度の効果が期待できる可能性があります。

重症であれば、控えた方がよい場合が多いです。

ストレッチ 怪我しやすい時は

体が硬いまたは柔軟性がない可能性があります。

ストレッチ 怪我予防には

筋肉の柔軟性を向上させるため、非常に有効です。

ストレッチ 継続するには

一日一回でいいので、忘れずに継続することです。

スマホのスケジュールアプリなどに入れておく、決まった時間にアラームを鳴らすなど、スマホを有効に活用するとよいでしょう。

ストレッチ 股関節のやり方

一例ですが、このような種類があります。

ストレッチ 効果ない時は

ポーズが正確ではない、かける時間が短すぎる、気が向いた時にやるなど不定期である、などの理由が考えられます。

ストレッチ 効果 期間とは

この期間行えば有効という決まった期間はありません。

数ヶ月から一年、数年と継続すれば、それだけ柔軟性が向上し、保持させることができます。

ストレッチ 好転反応とは

時間をかけてしっかりと行えば、それだけコリがほぐれてスッキリする、動きやすくなる、リラックスして眠たくなるなどの反応が出ることがあります。

ストレッチ 呼吸はどうする

呼吸を止めて行うと逆に筋肉が硬くなり、効果が出にくいでしょう。

通常通りの呼吸または、ゆっくりと深呼吸しながら行うとよいでしょう。

ストレッチ 高齢者の場合とは

若い年代に比べて、筋力低下が顕著なので、本当に軽い程度や角度で、できる範囲で行うとよいでしょう。

ストレッチ しびれる時は

コリがひどい状態でストッレッチを行うと、しびれを感じる時があります。

どこの部分にどのようなしびれが出ているかによって判断が異なります。

状況によっては神経痛の可能性もあるので、心配な場合は整骨院や整形外科に行くことをオススメします。

ストレッチ 食後何分がいいか

これについても特に決まった定義などはありませんが、消化したあたりの30分~1時間後などを目安と考えてもよいかもしれません。

自己判断で結構です。